ロゴ
>口コミ>しみ治療後に気をつけたい事【経験者の口コミ情報】

しみ治療後に気をつけたい事【経験者の口コミ情報】

しみの構造

みんなの口コミ

紫外線対策をしっかりしましょう

若いときは肌がきれいだね、と褒められていたのですが年齢には抗えず・・・。30代の後半あたりから急激にしみが増加してきました。肝斑と言われるそばかすに近いようなものが多かったのですが、目の横に老人性のしみが出現した時は本当に焦りました。これはしみ治療しなければならないと感じて大阪の美容皮膚科で治療を受けることにしたのです。手っ取り早くレーザー治療を行ったのですが、その際に医師から言われた注意点としては紫外線対策を行うということです。レーザー治療を行った後は皮膚が薄くなっているので新しい真皮が出来る最中に紫外線を浴びてしまったら色素沈着して再度しみのような状態になってしまうとのことでした。しっかりと紫外線対策を行ったので綺麗なしみのない肌になることができました。
[50代/女性]

かさぶたは無理にはがさないこと

しみ治療としてレーザーを利用したのですが、数日後にかさぶたになってしまいました。大阪でも有名な美容外科で行ったのですが、かさぶたになったとしても剥がさないように言われていました。自然に落ちる分には問題ないのですが、無理やり剥がしてしまうと剥がした部分が傷になってしまって傷跡が残ってしまう可能性もあるみたいです。小さいころに怪我をした跡は誰しも残っていますが、そのような感じで跡として残るので結果的にしみになるケースがあるとのことでした。かさぶたになって多少痒い時期もあったのですが無理に剥がさないように過ごしていましたし、クリニックで専用のテープを頂いたので掻きそうになっても大丈夫でした。そのおかげか綺麗にしみが取れたのでうれしかったです。
[40代/女性]